引き寄せの法則を量子論ベースのメソッドで提供|インセティック

3つの人生

人生には3つの異なった幸せがある

3つの人生

アメリカ心理学会の元会長であるセリグマン博士によると、「人生には3つの異なった幸せがある」と言います。

画像の説明


1、快楽の人生

楽しさや快楽をできるだけ多く手に入れるために最善を尽くす人生です。ショッピング、食事、セックス、様々な娯楽などに集中する人生です。

2、充実の人生

自分の強みや長所を活かして、夢中になることができる活動が日常にある人生です。仕事、恋愛、子育て、趣味などなんでも良いのですが、気がついてみたら、「没頭して何時間も経っていた」なんていう経験が日常的な状態ということですね。

3、意味のある人生
自分という枠だけでは完結しない、何か大きな目的のために行う活動が日常にある人生です。

つまり、自分のためだけではなく、社会、地域、国、世界など、自分より何か大きなもののために貢献するという意識を持つ活動が日常にあるということ。

人は、自分が関わる様々な活動にその様な意味を見い出せるとき、「本当の自分を生きている」と感じることが出来るとされています。

言っておきますが、これら3つの人生に良い、悪いはありません。セリグマン博士の研究によると人生の幸せには3つのパターンがあるというだけです。

ただし、さらに言えば、

「上から下に行くに従って、人生に対する長期的な満足度や幸福度は高くなる」

との結果が出ているそうです。

研究結果では、「3、意味のある人生」が一番幸福度が高い、と出ていますが、我々はなぜか、「1、快楽の人生」を追い求めている感じがしませんか?(≧▽≦)

でも、それはある意味仕方がないことです。

多くの商行為は、「1、快楽の人生」を、ひたすら訴えかけており、必然的に、我々もその様な情報をひたすら浴びておりますので、我々はその訴えにまんまと乗っかり、「1、快楽の人生」を追求しているわけです。

もう一回言っときますが、これを悪いと言っているわけでは無いですよ。これを否定したら、多くの商売が成り立たなくなりますんでね。

別に、「1、快楽の人生」を追い求めるのは構わないのですが、この人生には一つ大きな欠点があります。

それは、幸福感が長持ちしないということなんです。

例えば、あなたは昔から欲しかった高級品をようやく買えたとします。手に入れた当初は

「やった~!!手に入った~!!」

という満足感は高いですが、その高級品にもしばらく経つと慣れてきます。

そうすると相対的に満足感、すなわち幸福感が下がるので、「別の何か」をまた追い求めることになります。

ビールも最初の一杯は美味い!!!と言いますが、2杯、3杯と飲むにつれその喜びは失せていきます。これも全く同じ原理です。

快楽だけを追い求めると、「もっと、もっと」という無限ループに入ってしまい、幸福感も下がっていく、ということになるんです。

また、天下のハーバード大学の人気No.1講師であるショーン・エイカー氏はこんなことを言っています。

かって、我々は、こう教えられて育った。我々が一生懸命働けば、我々は成功する、我々が成功すれば、幸福を得ることができる、と。

しかし、ただ一つの問題は、この理論が今や、破綻していることである。

この理論が破綻しているのは、その考え方が逆行しているからなのだ。

すなわち、幸福感こそが成功の前提なのだ。

私は、「全くその通りだ!!」と思っています。

私も量子論と脳科学をベースに引き寄せの法則を検証してきて、全く同じ結論に至っているからです。

すなわち、「今まで教えられたことは全て逆なんじゃないか?」ということです。(≧▽≦)

おそらく量子論、脳科学、心理学などの多くの研究者が、「あれ?、もしかして逆じゃない?」(°д°;)って気づいていると思うのですが、そのことは我々一般人になかなか伝わりません。

伝えていない、ということもあると思うのですが、我々がそれを受け入れられない、ということもあると思います。

なぜなら、私たちは長らく、「1、快楽の人生」を追い求めるための固定化された思考パターンの中で生きているからです。

その思考パターンから抜け出ないと、本当の、持続性のある幸福感を得られない、ということなんです。


3つの人生(2)






powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional