引き寄せの法則を量子論ベースのメソッドで提供|インセティック

引き寄せの真実

あなたの現実は、あなたの「思い込み」と「無意識の思考パターン」が作りあげています。


五感で捉えた現実=真実ではありません

かつて、大昔の人類は自分たちの住んでいる場所が真っ平らな平面で、太陽が自分たちの周りを回っていると信じて疑わなかったはずです。


画像の説明

科学が進むにつれ、我々が住んでいる場所は地球という球体で、地球が太陽の周りを回っているということが解明されてきました。


しかし、その一方で、我々の五感で感じる現実は、「住んでいる場所は平面」で「太陽が我々の周りを回っている」という方が真実味がありませんか?


なぜなら、我々が日常の五感で知覚できる範囲だとそう考えたほうが自然だからです。しかし、もはやそれは真実でないことは科学的に証明されています。


つまり、我々が五感で捉えて確認する真実には限界があるのです。真実は我々の知覚を超えたところにあるんです。


宇宙もそうですが、超ミクロの世界も我々の五感で知覚できる範囲を超越しています。そして、その超ミクロの世界では、我々の想像を絶する現象がすでに確認され、証明されているのです。


それが、世界の科学者を悩ませる「量子論」の世界です。



全ては物質であり非物質でもある。

テレビの画面にずーっと近づいていくと、三原色という色の粒になることはあなたもご存知だと思います。


画像の説明

つまり、3色の粒が集り混ざり合うことで、様々な映像を画面に映し出しているということです。


そして、究極を言えば、我々の肉体も、あなたの身近にある様々な物質も、小さな粒が集まって出来ています。


下の図はかなり大雑把ですが、人体の70%を占める水分も以下のように分解できます。



画像の説明



これは、水分以外の人体の構成要素であるタンパク質、脂質、ミネラルなども同様です。


究極まで分解すると素粒子というこれ以上分解できない粒まで行き着くのですが、このような超ミクロの世界の現象を扱う分野が量子論(量子力学)という物理学です。


そして、この量子の世界では、現在の物理学でも解明されていない謎の現象がいくつか確認されています。


その一つが「量子は波であり、粒でもある」という現象です。波=非物質、粒=物質としたほうが解りやすいかもしれません。


つまり、量子は物質になっている時と、非物質になっている時があることが確認されているのです。


しかも、人間の意識が介在すると物質化し、人間が意識していないと非物質の状態になっていることが解っています。


この現象を解りやすく説明した映像がありますので、こちらも参考にご覧ください。








powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional