引き寄せの法則を量子論ベースのメソッドで提供|インセティック

宇宙最強の力

宇宙最強の力

アインシュタインと言えば20世紀を代表する天才科学者です。(*^▽^*)


彼は生涯かけてこの世の全てを数式で解き明かそうとしていましたが、結局それは叶いませんでした。


量子力学の登場が彼を混乱させたのは間違いのない事実ですが。。。


ただ彼は、この宇宙には、決して数式では解き明かすことが出来ない偉大な力がある、とは氣づいていたようです。


生前はそのことに触れなかったようですが、彼はその想いを彼の娘であるリーゼル・アインシュタインに手紙という形で託していました。


その手紙は1,400通にも及ぶそうですが、「自分の死後20年は決してその手紙を公表しないこと」との指示を受けていたそう。


リーゼルはその指示を添えてヘブライ大学(イスラエル)に手紙の全てを寄贈します。


以下はその手紙の中の一通です。





アインシュタイン


私が相対性理論を提案したとき、ごく少数の者しか私を理解しなかったが、私が人類に伝えるために今明かそうとしているものも、世界中の誤解と偏見にぶつかるだろう。

必要に応じて何年でも何十年でも、私が以下に説明することを社会が受け容れられるほど進歩するまで、お前にこの手紙を守ってもらいたい。


現段階では科学がその正式な説明を発見していないある極めて強力な力がある。


それは他のすべてを含みかつ支配する力であり、宇宙で作用しているどんな現象の背後にも存在し、しかも私たちによってまだ特定されていない。


その宇宙的な力は愛だ。


科学者が宇宙の統一理論を予期したとき、彼らはこの最も強力なまだ見ぬ力を忘れてしまった。


愛は光だ。それは愛を与えかつ受け取る者を啓発する。


愛は引力だ。なぜならある人々が別の人々に惹きつけられるようにするからだ。


愛は力だ。なぜならそれは私たちが持つ最善のものを増殖させ、人類が盲目の身勝手さのなかで絶滅するのを許さないからだ。


愛は展開し、開示する。


愛のために私たちは生き、また死ぬ。


愛は神であり、神は愛だ。


この力はあらゆるものを説明し、生命に意味を与える。


これこそが私たちがあまりにも長く無視してきた変数だ。


それは恐らく、愛こそが人間が意志で駆動することを学んでいない宇宙の中の唯一のエネルギーであるため、私たちが愛を恐れているからだろう。


愛に視認性を与えるため、私は自分の最も有名な方程式で単純な代用品を作った。


「E = mc2(二乗)」の代わりに、私たちは次のことを承認する。


世界を癒すエネルギーは、光速の2乗で増殖する愛によって獲得することができ、愛には限界がないため、愛こそが存在する最大の力であるという結論に至った。


私たちを裏切る結果に終わった宇宙の他の諸力の利用と制御に人類が失敗した今、私たちが他の種類のエネルギーで自分たちを養うのは性急である。


もし私たちが自分たちの種の存続を望むなら、もし私たちが生命の意味を発見するつもりなら、もし私たちがこの世界とそこに居住するすべての知覚存在を救いたいのなら、愛こそが唯一のその答えだ。


恐らく私たちにはまだ、この惑星を荒廃させる憎しみと身勝手さと貪欲を完全に破壊できる強力な装置、愛の爆弾を作る準備はできていない。


しかし、それぞれの個人は自分のなかに小さな、しかし強力な愛の発電機をもっており、そのエネルギーは解放されるのを待っている。


私たちがこの宇宙的エネルギーを与えかつ受け取ることを学ぶとき、愛しいリーゼル、私たちは愛がすべてに打ち勝ち、愛には何もかもすべてを超越する能力があることを確信しているだろう。


なぜなら愛こそが生命の神髄だからだ。


私は自分のハートの中にあるものを表現できなかったことを深く悔やんでおり、それが私の全人生を静かに打ちのめしてきた。


恐らく謝罪するには遅すぎるが、時間は相対的なのだから、私がお前を愛しており、お前のお陰で私が究極の答えに到達したことを、お前に告げる必要があるのだ。


お前の父親

アルベルト・アインシュタイン





科学者であるアインシュタインが生涯かけて数式で解き明かしたいと望んでいた宇宙を支配する力。


それは「愛」だったんですね。(*^.^*)


ういちゃん


彼は「愛」こそがこの宇宙を支配する究極のエネルギーだと氣づいていたけれども、それを数式で導き出すことは出来なかった。


それを悔やんでいたんですね。


愛を物理的に表現すると、それはエネルギーです。


愛という元素記号はないですし、愛という素粒子もない。


つまり、愛は物質でなく、純粋なエネルギーというわけです。


じゃあ、「愛とはどんなエネルギーなのか?」と問われて、誰もが納得出来る明確な答えを出せる人もいない。


愛とは、どう捉えることもできる、非常に曖昧なエネルギーと言えます。


でも、この「曖昧さ」に一つのヒントがあると思います。


ちなみに、愛の反対語をご存知ですか?


諸説ありますが、愛の反対語の一つは「正義」と言われています。


なぜ「正義」が愛の反対語になるのか?


正義とは、「自分が正しい、相手は悪い」と決めつけ、相手と自分を区別・分離し、相手を攻撃して駆逐しようとする行為だからです。


つまり、正義が全ての争いの根源であり、正義が戦争を引き起こすのです。


そういう意味では、「正義の味方」とは、「争いと戦争の味方」でもある。


ういちゃん


かたや、愛という概念。


一つ、「愛の表現」として言われていることは「受け入れる」ということです。


つまり、「まー、それでもいいじゃない」という具合に、相手と自分の外見や主張を変に区別せず、それも良しとして認め、受け入れてしまう。


ある意味で、「なんでもあり」で受け入れる、曖昧な世界です。


良いも悪いも、正しいも間違ってるも、上も下もなく、ただありのままを受け入れる。


それが究極の愛だと言われています。


なぜなら、古くから愛や神の象徴として奉られている太陽も、区別や差別なくあまねく照らしますよね。


だから天照大神(あまてらすおおみかみ)なんですよね。


つまり、愛というエネルギーは「あまねく受け入れる」というエネルギーでもあるんです。


そして、この「あまねく受け入れる」ということを意識すると、この「愛」という強力なエネルギーを味方につけることにもなります。


つまり、世界の良いも悪いも、社会の良いも悪いも、相手の良いも悪いも、あなた自身の良いも悪いも、全て「それもあり」と受け入れて、許してしまう。


「それは受け入れ難い。。。」(`ε´)


もちろんその氣持もわかります。


でも、やってみて欲しいんです。


「ま、いいや」で受け入れてみて欲しいんです。


なぜなら、そうすると奇跡が起きるからです。


アインシュタインも解く、宇宙を支配するエネルギーの支援を受けられるからです。


何も、人類全体やあなた自身が抱えている課題を無視しろ、と言ってるんじゃないんですよ。


それはそれで「しょうがない」と受け入れて、「今も良いけど、さらに良くなるためにはどうしよう?」と考えればいいんです。


で、「あ、これやってみたい」と思ったことをやればいい。(・ω・)b


ただそれだけです。


それだけすればいいのに、変に「良い、悪い」、「正しい、間違い」などの区別や差別を入れ、それを無くそう、斬り離そうとするので、宇宙の強力なエネルギーの支援が受けられないんです。(><;)


だから、まず真っ先にあなた自身をしっかり「これでいいんだ」と受け入れて下さい。


あなた自身の良いところも、悪いところも、優れたところも、ダメなところも、「これでいい」と受け入れて下さい。


この世に完璧な聖人のような人はいません。


良いところもあれば悪いところもあるんです。


醜いところもあれば、綺麗なところもあるんです。


それは、社会も、個人も、皆そうなんです。


だから、それを受け入れるという意識がまず重要なんです。


それを心がけているだけで、あなたの現実は大きく変わっていくはずです。







s_12(1) その他参考記事



s_12(1) 講座



s_12(1) セッション・メニュー






powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional