引き寄せの法則を量子論ベースのメソッドで提供|インセティック

人類全体の意図

人類全体の意図

ニュートンと言えば万有引力を発見した物理学の巨人であり古典物理学の祖です。


アイザック・ニュートン


ニュートンは様々な自然法則(物理法則)を発見し、その法則は人間の意識や存在とは関係なしに動いていると考えました。


人間がいるいないに関わらず、地球は太陽の周りを回っているでしょ?という考え方です。


これはこれで至極まっとうだと思いますよね。(*^.^*)


でも、「どうもそうではないらしい」ということを発見したのが量子力学(量子論)です。


簡単に言えば、「人間の意識なしでは、そもそも地球も太陽も、宇宙でさえも存在しないらしい」という概念です。


こちらの方が正直言って「???(@_@)」な感じはしますよね。


でも、こちらの概念が最先端物理の見解なんです。


物理とは「物の理(ことわり)」と書きますが、その物の本質を突き詰めていった結果、「物はそもそも物ではないらしい」という結論にたどり着いてしまいます。


すなわち、物の本質は「波=エネルギー」であり、人間が意識することで初めて「物」となる。


もしくは、「物」として認識できる。


そういう意味では、人間と物はそもそも切り離された別個の存在ではなく、意識というエネルギーで繋がっており、それぞれが意識でコントロールされていると言えます。


人間の体も物理的に言えば「物」ですので、人間の体も意識なしでは存在しえないわけですから。


ということはですよ。


「人間とはそもそも何か?」と問われると「意識」となりますよね。


だって、あなたという意識がなかったら、あなたの肉体をあなたと認識できないでしょ?


つまり、肉体あっての「あなた」ではなく、意識あっての「あなた」なんです。


「あなた」という意識があって初めて「あなた」という肉体的存在を認識できるんです。


わかりますよね?


そう考えると、あなたの本質はそもそも「意識」ということになります。


あなたの本質、すなわち人間の本質が「意識」だとすると、それはすなわち人間=肉体という物質ではない、ということになります。


そして、人間の本質は物質ではなく、意識というエネルギーだとすると、まず場所という制約はなくなります。


エネルギーなので、空間全体に偏在できるわけです。


で、空間全体に偏在できるエネルギーだとすると、その空間という「場」を作っているとも言えます。


そして、あなたという意識を持つ肉体は、この「場」の影響を受けていると考えられるんです。


現にアインシュタインは「場は粒子に力を及ぼす」と言っています。



アインシュタイン



アインシュタインが言う粒子とはこの空間に存在する肉体含めた物質です。


そして、その意識が作った「場」は、時間と空間を超えて他の人間に影響し、共有されている可能性があるんです。


この考え方を「形態形成場」と言います。


この概念を作ったのが世界有数の名門ケンブリッジ大学の教授であるシェルドレイク博士です。


シェルドレイク博士


このブログでも何度かご紹介している人ですが、非常に面白い研究と実験をされています。


その中に、50世代にわたってネズミが水槽から脱出するのに要する回数を調べる、という実験があります。(^^ゞ


最初の世代は脱出するまで平均値で165回のトライを要したそうです。


その後の世代には当然脱出方法を見せていませんし、教えていません。


でも、13代めでは68回、30代めでは20回、44代めでは9回 と、後の世代になるほど早く脱出できるようになる、という興味深い結果が出てるんです。ヽ(*'0'*)ツ


この根拠としてシェルドレイク博士は「同種の多数のネズミがそれを学習したことにより、その行動形態の「場」が同種の他のネズミの行動に共鳴現象を起こした。その結果、後の世代のネズミほど早く脱出できるようになる」と説明しています。


つまり、50世代のネズミたちは、時間と空間を超えて何らかの「場」を共有し、その結果、教えてもいないのにどんどん脱出するのが早くなったということです。


実は、このような現象は他の事例でも多く見られるんです。(*^.^*)


そう考えるとです。


あなたの意識がまず「場」に影響を与え、その「場」があなたやあなた以外の人にも影響しているとなります。


何だか、多くのコンピューターがそれぞれデータを蓄積してアップデートし、それを皆が共有するような感じですよね。


そう、インターネットの仕組みと似てるんです。


現にシェルドレイク博士は、「記憶や経験は、脳ではなく、種ごとサーバーのような場所に保存されており、脳は単なる受信機に過ぎない」とまで言ってます。( ̄□ ̄;)!!


そうすると、人間という種にもサーバーのような「場」があり、その「場」に対して何らかの情報を蓄積しているということになります。


そして、人間という種にも蓄積したい情報があり、その情報をもとに「場」をアップデートしたいはずですよね。


で、「場」をアップデートすることで、人間全体をアップデートしよう、なんて意図があるのかもしれません。


ういちゃん


そういう意味では、その意図通りに経験を積んで「場」の情報をアップデートしている人には当然望ましい現象が起き続ける。


だって、人類全体の方向に沿っているわけですから、人類全体の「場」からの支援を受けられるわけです。


逆に、人類全体の意図通りに沿っていない人は当然「場」からの支援は受けられない。


「勝手にして」となるわけですから。


かなりぶっ飛んだ話と思われるかもしれませんが、私も多くの人をセッションさせていただいたりする中で「これはあり得る話」と思っています。


なぜなら、人類全体が意図していることがイコール、本当のあなたが本能的に求めていることにつながる、と思えるからです。


現に、多くの人が本能的に求めていることを言語化すると、やはりある程度の傾向が出てきます。


それはイコール、今の時代を生きる人類全体が得たい情報がある程度共通しているということになりませんか?


そして、その得たい情報を得るために忠実に生きている人は、引き寄せがどんどん加速する。


最近はそんな風に感じています。(*^.^*)







s_12(1) その他参考記事



s_12(1) セッション・メニュー






20160902

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional