引き寄せの法則を量子論ベースのメソッドで提供|インセティック

オーラと意識の関係

オーラと意識の関係

あなたという身体(肉体)がなにで動いているかというと電氣です。


筋肉を動かしているのは電氣信号だからです。


あなたがなぜ思考できるのかというと、これも電氣です。


電氣信号が脳の中を駆け巡る事で、あなたは思考しているんです。


で、電氣信号が筋肉や脳を駆け巡っているということは、そこに「電流が流れている」、ということになります。


ちなみに電流の単位をアンペア(A)と言います。


この単位を聞いたことぐらいはありますよね。(^_^)


電流が流れているということは、どこかで電圧がかかっていることになります。


電圧の単位をボルト(V)と言います。


この単位も聞いた事あるでしょ?


つまり、めちゃくちゃ簡単に言えば、電圧(ボルト)がかかって電流(アンペア)が流れ、その先に電灯があれば点灯することになります。


まー、細かく言うともう少し補足が必要ですが、ややこしくなるので。(;^_^A


話を私たちの身体に戻しますね。


私たちが思考でき、なおかつ身体が動くということは、どこかで電圧がかかっているということになります。


電圧がかかることで電流が流れ、その結果、いろいろ考えたり、身体を動かしたりできるわけですから。


ういちゃん


そして、電流がながれているということは、そこに必ず「磁場」が発生します。


こんな感じで。



磁場



つまり、この図と同じ事が私たちの身体の周りにも起っているということです。


実際こんな感じに。



私たちの身体の周り



これは以前に「本当の「氣」とは」という記事でも解説しましたが、われわれ人間も電氣で動いているので、このような磁場が必ずあるんです。


このようなトーラス型の循環構造的エネルギーがわれわれの周りを巡っており、こられのエネルギーを漢字で表したのが「氣」という文字です。


で、エネルギーということは「波」ということです。


音波という「波」は物質ではなく、エネルギーですよね。


ちなみに、光というエネルギーも「波」です。


光のうち、私たち人間が捉える事ができるのが、「可視光」と呼ばれる光の波長です。


ですので、われわれ人間もエネルギーを出しており、それは「波」ということです。


時々、「オーラが見える」という人がいますが、本当に見える人というのは、この「波」を捉えているのだと思います。


先ほど言った通り、光も波ですので、人間から発せられる波(エネルギー)を視覚で捉える能力を持っている人がいてもおかしくないですよね。


たとえオーラが見えなても、なんとなく感じたことは誰にでも経験あるはずです。


「なんか、あの人、オーラがあるよね」と噂したこと、一度や二度はあるでしょ?


なんか場の空氣とか雰囲氣を変えちゃう人です。


そして、そういう人は実際にその人から発する磁場のエネルギー、つまりオーラが強いんです。


で、なぜ強いかというと、物理的に言えば電圧が強いから。


電圧が強いために、電流量が多く、その結果大きく強力な磁場が発生しているわけです。


じゃあ、なぜ電圧が強いかというと、ずばり「意識」です。


意識が「本当の自分の意識」の状態でいると、電圧が上がるんです。


つまり、元氣になり、活き活きした状態になるということです。


ういちゃん


本当の自分で生き始めると、以前にご紹介した「3つの人生」のなかの、「充実の人生」と「意味のある人生」に徐々に移行していきます。


そうすると幸福感が高まりそれが持続するようになるんです。


つまり、電圧が上がる、ということですね。


だから、オーラを出しているのも、それを強めているのも、「意識」だということです。


そして、自分の状態も、周りの環境もよくなるオーラを出している人は、「本当の自分で生きている」という人なんです。


オーラの色も良いですが、どんなオーラを出しているか、の方がよっぽど大事ですよね。


自分や、周りの環境を悪化させるようなオーラはくれぐれも出さないようにしてくださいよ。(-^□^-)






s_12(1) その他参考記事



s_12(1) セッション・メニュー






powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional